2015/04/19 21:37:41
  • 東京シューレメルマガ*シュメール 607号

┏┫┓┏┓┏┏┳┓┏┓┳┳  東京シューレ メールマガジン
┗┓┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃┃  『シュメール』
┣┛┛┗┗┛┛┛┗┛┗┻┗┫  ■http://www.tokyoshure.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/04/19 * No.607 ━━
{EMAIL}宛てにお送りします。

■:ホームページURL
[ ]:メールアドレス(スペースを取って、すべて半角でお送りください)





 ようやく暖かくなってきたな、と思いきや、もう4月後半。30周年のいろ
いろがドンドン差し迫って、うんなf;kjろwqうr;あlwq・・・

 という感じで、今週もシュメールです。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日の主な内容
1:)「不登校大学」興味のある講座はありますか?






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1:)「不登校大学」興味のある講座はありますか?
■ http://news.tokyoshure.jp/article/116449377.html
■ http://30th.tokyoshure.jp/tagged/不登校大学

「不登校大学」では、30周年にちなんで30講座を開設し、30講座のいろ
んな角度から不登校の30年を振り返り、未来につなげようと企画しました。
そして、この企画に応じてくださった方々がすごい! シューレの不登校30
年に伴走してくださった山下英三郎さん、内田良子さん、石川憲彦さんといっ
た方々、これを機にこの方の話を聞いてみたいとこの企画を(おそるおそる)
お願いしたら快諾してくださった天外伺朗さん、明橋大二さん、茂木健一郎
さんなどなど、そうそうたるメンバーです。
 そして、新たなニュース! 多田元弁護士も加わってくださることになり、
講座と講師のスケジュール内容が確定しました。

 しかし、この講師陣を見て「30講座は出られない」と思われた方もいらっ
しゃるのではないでしょうか。
 不登校大学は少人数で「ゼミ」形式でお互い深め、積み重ねていこう、と企
画したのですが、そうした要望も受けて、これまでの連続参加者に加えて、
「期間聴講」として、10講座程度の3期間に分けて参加できるようにいたし
ました。まだ講座には余裕がございますので、迷われていらっしゃる方は、ぜ
ひ、参加しやすい形でお申し込みいただければ、と思います。

 また、1講座だけでも参加したい、という方もいらっしゃるかもしれませ
ん。定員に余裕がある分については、1講座ごと聴講も可能とさせていただく
ことにいたしました。こちらは詳細がかたまり次第ホームページでご案内しま
すが、まずは空き状況について直接お問合せください。

 講座スタートまで残り1か月、ぜひちゅうちょしていた方もお申込くださ
い。そして、できましたら、不登校について30回の講座を通して一緒に深め
ていける「連続参加」で学びの輪に加わっていただけたら、と思います。

 「連続参加」は1講座当たり2000円とお得な価格設定で、7月1日の
尾木直樹さん講演会のチケットもついております。連続参加で終了後に論文レ
ポートを提出された方には「修了証」をお渡しいたします。

 また、「連続参加」「期間聴講」でお申込の方は、講座内容を録画して動画
で講座内容を振り返っていただくことも可能といたします。

 ぜひ一緒に学び、不登校について深く知るエキスパート、次の時代をひらく
仲間になりませんか。

日時●2015年5月6日〜6月24日の水・土・日、計17日

場所●シューレ大学
    都営大江戸線若松河田駅下車「若松口」徒歩5分

内容1●各分野の第一線で活躍されている講師陣による講座
●天外伺朗さん「人間性教育学の提案」
●山下英三郎さん「不登校とスクールソーシャルワーク」
●内田良子さん「不登校している子どものくらしと心」
●西村秀明さん「不登校と心理学」・「不登校と引きこもり」
●寺脇研さん「学校教育と不登校」「一人一人の学習権を保証するために」
●石川憲彦さん「ポスト近代の学校と医療」
●井上芳保さん「つくられる病」
●鈴木寛さん「一人一人の学習権を保証するために」
●明橋大二さん「不登校への対応」
●多田元さん「不登校と学ぶ権利」
●汐見稔幸さん「学校の歴史と不登校」
●喜多明人さん「子どもの権利条約と子どもの学ぶ権利」
●茂木健一郎さん「脳科学者が考える教育の提言」

★奥地圭子をはじめとするシューレスタッフ
     & シューレメンバーが登場する講座
●不登校の歴史 ●OBOG登場 ●不登校と進路 ●不登校と矯正施設
●いじめと不登校 ●不登校研究について ●親シンポジウム ●子ども登場
●不登校と市民活動 ●不登校政策について
●フリースクール東京シューレ・東京シューレ葛飾中学校について
●世界のフリースクール日本のフリースクール
●ホームエデュケーションについて ●多様な学びについて

※日程・講座の内容詳細などは、ホームページをご覧ください。

募集対象●定員40名(残り10名程度)
 参加資格は問いません。
 学びたい! と思う方は、どなたでもご参加ください。
(不登校に携わってきた市民・フリースクル関係者、研究者、専門家、
 経験者、保護者、カウンセラー、スクールソーシャルワーカー、支援者、
 教員、教育関係者、学生など)

参加費●開設する30講座のどの講座にもご参加いただける《連続参加》に加
えて、こちらで設定した1〜3期のうち1期分をチョイスできる《期間聴講》
の両方を募集をします。

   《連続参加》60,000円
    (30講座+7月1日尾木直樹さん公開講演会チケット)

   《期間聴講》25,000円
    (共通講座含めて,こちらの設定した11または12講座)
 ※1〜3期の設定は、上記ホームページをご覧ください。

   《1講座》3,000円
    (ご希望の講座を1講座ごとでお申込。
      ※定員内での募集といたしますので、
       空き状況については、直接お問合せいただきご確認ください)

《第2次募集》申込方法●

1)いずれかの方法で、入学申込をお送りください。

 1−1)ホームページ[こくちーず]から送信
     ■ https://ssl.kokucheese.com/event/entry/261465/

 1−2)上記ホームページから「入学申込書」をダウンロードして、
     郵送で提出

2)合わせて下記いずれかの口座に参加費をご送金ください。

2−1)三菱東京UFJ銀行 王子支店
 (普)1015601 口座名:特定非営利活動法人 東京シューレ

2−2)ゆうちょ銀行 〇一九店
 (当)0765397 口座名:東京シューレ

2−3)郵便局の郵便振替
  口座番号:00160−0−765397
  加入者名:東京シューレ

 申込書と入金の両方が完了した方から、定員までの先着順で受付させていた
だきます。

主催・お問い合わせ先●特定非営利活動法人 東京シューレ[担当:中村]
   電話 03−5993−3135
   メール [futokodai@tokyoshure.jp]




−−−−−−−−−−−
東京シューレは今年30周年。イベントはあと3か月!
30周年特設ホームページはこちら。
■http://30th.tokyoshure.jp/
ツイッターもフォローしてね
@Shure30th
−−−−−−−−−−−





===================
東京シューレのtwitter公式アカウント

@Tokyoshure 東京シューレ(全体)
■ https://twitter.com/Tokyoshure
@Shure30th 東京シューレ30周年実行委員会
■ https://twitter.com/Shure30th
@shinjukushure 新宿シューレ
■ https://twitter.com/shinjukushure
@kashiwahashure 流山シューレ(旧柏の葉)
■ https://twitter.com/kashiwahashure
@Katushika_Shure 葛飾シューレ
■ https://twitter.com/Katushika_Shure
@shureuniv シューレ大学
■ https://twitter.com/shureuniv

===================
東京シューレのfacebook公式アカウント

新宿シューレ
■ https://www.facebook.com/shinjukushure
流山シューレ(旧柏の葉)
■ https://www.facebook.com/1536656089938923
シューレ大学
■ https://www.facebook.com/shureuniv
※「東京シューレ30周年祭」のコミュニティーができました。
 facebookアカウントをお持ちの方は、どうぞ検索してご覧ください。

===================





《シュメールを解除するには?》
■{DELURL}
をクリックしてください。
■ http://www.tokyoshure.jp/p81mailmagazine.html
のページから「配信停止」していただいても結構です。

《メールアドレス登録変更は?》
 上記ホームページで、旧アドレスを配信停止にしていただいた後、あらため
て新アドレスをご登録ください。
 また、[shume_reg@tokyoshure.jp]宛に空メールを送ると、そ
のアドレスが新たにシュメール配信に登録されます。


※このメールに返信しても、東京シューレにはメールは届きません。
(このメールマガジンは送信専用メールアドレスから配信されています)
 東京シューレへのご連絡は、下記メールアドレス宛へお願いします。





------------------------------------------------------
東京シューレ メールマガジン『シュメール』
第607号(4月19日発行)
発行:特定非営利活動法人東京シューレ
■http://www.tokyoshure.jp/
[info @ shure.or.jp]