2015/08/02 20:09:51
  • 東京シューレメルマガ*シュメール 613号

┏┫┓┏┓┏┏┳┓┏┓┳┳  東京シューレ メールマガジン
┗┓┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃┃  『シュメール』
┣┛┛┗┗┛┛┛┗┛┗┻┗┫  ■http://www.tokyoshure.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/08/02 * No.613 ━━
{EMAIL}宛てにお送りします。

■:ホームページURL
[ ]:メールアドレス(スペースを取って、すべて半角でお送りください)





 30周年記念事業は7月12日の記念イベントに700人のご参加をいただ
き、大きな記念事業を一通り終えることができました。
 ご参加いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、ありがとうござい
ます。

 そして、シュメールをしばらく穴を開けてしましました。
 また、コツコツ毎週送信をしたいと思います。31年目のシューレ共々、よろ
しくお願いします。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日の主な内容
1:)8月28日(金曜日)〜30日(日曜日) シューレ大学国際映画祭
2:)国籍や年齢をこえて誰もが認められ、学べる法律をつくるキャンペーン





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1:)8月28日(金曜日)〜30日(日曜日) シューレ大学国際映画祭
■ http://shureuniv.org/filmfes/

 原一男監督を迎えてのシューレ大学「国際映画祭」は、今年で8年目を迎えま
す。そして今年は、終戦から70年。原一男監督の代表作『ゆきゆきて、神軍』
を今年は16ミリフィルムで、8月30日12時より上映します。

 1987年、平和ニッポンを鮮やかに過激に撃ち抜いた原氏渾身のドキュメン
タリー。天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト、奥崎謙三は、たったひとり
の「神軍平等兵」として、「神軍」の旗たなびく車に乗り、日本列島を疾駆。生
き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実
と戦争の実態が明かされる・・・。

 上映のあと、原一男さんの特別講演も企画。原監督から、晩年の奥崎謙三が何
を考えていたのか、あなたの予想をはるかに超えて、まるで昨年完成した映画の
ようにいきいきと話されることでしょう。

 さらに今回の映画祭では、昨年9月に逝去されたの羽仁未央さん追悼上映も企
画。東京シューレに不登校の大先輩として様々な場面で関わってくださり、特に
シューレ大学ではマルチメディアプロデューサーとして、自由な発想で、つくり
たい人の気持ちを原点とした制作を教えてくださいました。
 羽仁さんをしのび、『1997 Diary』『つながっている空』の2つの
映像作品と、あわせて2002年のシューレ大学イベントでの講演映像を上映い
たします。

 また、原一男監督推薦作品、佐々木航弥監督の『ヘイトスピーチ』の上映と、
「ヘイトスピーチから戦争・平和を考える」辛淑玉さんの特別講演も企画。その
ほか公募作品やシューレ大学生による作品、世界と日本のフリースクールの映像
を上映、制作者のトークセッションもございます。

 詳しい上映スケジュールや参加費・お得な早割のお申し込み方法、作品の情報
は上記ホームページをどうぞごらんください。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2:)国籍や年齢をこえて誰もが認められ、学べる法律をつくるキャンペーン
■ https://readyfor.jp/projects/tsunagu
■ http://www.freeschoolnetwork.jp/


 フリースクール全国ネットワークでは、新法成立に向けた全国キャンペーン資
金をクラウドファンディングで呼びかけています。東京含め全国6か所開催、目
標は150万円。3000円からご協力いただけます。ご協力・拡散よろしくお
願いします。
https://readyfor.jp/projects/tsunagu


 東京シューレでは、不登校をして学校以外の場所で学び育つ子どもたちが被る
様々な不利益、権利侵害に対して30年の活動の中で声をあげ、社会に発信し、
政治家や行政などにいじめや不登校の子どもの生の声を届け、実際に通学定期を
実現したり、児童福祉法に不登校の矯正を入れようとした動きを阻止したりと、
制度を変えたり守ったりする取り組みをしてきました。
 こうした活動の中で2007年にまとめた政策提言集『教育多様化への提言』
で、学校に行く行かないによらず誰もが認められ、安心して学び、育つことがで
きる制度の構想を発表しました。

 この提言が種となり、2009年フリースクールネットワーク・JDECでの
政策提言につながりました。そして、ホームエデュケーションや、多様なオルタ
ナティブ教育・外国学校の実践者・団体とも手を携えて、(仮称)オルタナティ
ブ教育法を実現する会を発足、学び合いと検討の中から、子どもの学習権を保障
することを主軸とした「子どもの多様な学びの機会を保障するための法律」の骨
子案をまとめ、会の名前も「多様な学び保障法を実現する会」に改称し、引き続
いて、学校だけじゃない新たな制度づくりに取り組んできました。

 そして昨年、安倍首相の東京シューレ訪問が実現し、国会での施政方針演説で
も述べられたように、フリースクール支援・これまでになかった不登校支援が、
子ども若者政策課題の1つとして位置づけられ、文部科学省の主催イベント・有
識者会議スタートなどにつながりました。

 くわえて、超党派の議員連盟が再結成され、夜間中学支援と合わせた「多様な
学習機会保障法」の議員立法に向けて行動をしています。
 この法案は私たちの取り組みも大きく取り入れたもので、学校だけでなくフ
リースクールや家庭等で学んでいる今の状態を、公的に位置づけ認めよう、とい
うものです。
 この法律の成立に向け、東京シューレも力を尽くしたいと考えています。

 東京シューレが所属するフリースクール全国ネットワークでは、多くのみなさ
んに法案への理解を深めてもらい、さらに希望あるしくみに変えてゆくために、
各地でキャンペーンを行おうと考えいます。多くの人との対話を通じて、法案へ
の理解や子どもにとって効果的な運用のあり方を具体的に落とし込んでいこう、
というものです。

 8月8日仙台を皮切りに、9月10日までの間に東京を含めた6箇所で開催を
したいと考えています。
 フリースクール全国ネットワークでは、その資金150万円をクラウドファン
ディングで呼びかけています。最近着目されているインターネットを利用した資
金集めの枠組みで、3000円からスポンサーになっていただけます。
 クラウドファンディングサービス「READYFOR」のサイトから、どうぞ
ご協力いただければ、と思います。
■ https://readyfor.jp/projects/tsunagu

 よろしくお願いします。





===================
東京シューレのtwitter公式アカウント

@Tokyoshure 東京シューレ(全体)
■ https://twitter.com/Tokyoshure
@shinjukushure 新宿シューレ
■ https://twitter.com/shinjukushure
@kashiwahashure 流山シューレ(旧柏の葉)
■ https://twitter.com/kashiwahashure
@Katushika_Shure 葛飾シューレ
■ https://twitter.com/Katushika_Shure
@shureuniv シューレ大学
■ https://twitter.com/shureuniv





===================
東京シューレのfacebook公式アカウント

新宿シューレ
■ https://www.facebook.com/shinjukushure
流山シューレ(旧柏の葉)
■ https://www.facebook.com/1536656089938923
シューレ大学
■ https://www.facebook.com/shureuniv
===================





《シュメールを解除するには?》
■{DELURL}
をクリックしてください。
■ http://www.tokyoshure.jp/p81mailmagazine.html
のページから「配信停止」していただいても結構です。

《メールアドレス登録変更は?》
 上記ホームページで、旧アドレスを配信停止にしていただいた後、あらため
て新アドレスをご登録ください。
 また、[shume_reg@tokyoshure.jp]宛に空メールを送ると、そ
のアドレスが新たにシュメール配信に登録されます。


※このメールに返信しても、東京シューレにはメールは届きません。
(このメールマガジンは送信専用メールアドレスから配信されています)
 東京シューレへのご連絡は、下記メールアドレス宛へお願いします。





------------------------------------------------------
東京シューレ メールマガジン『シュメール』
第613号(8月2日発行)
発行:特定非営利活動法人東京シューレ
■http://www.tokyoshure.jp/
[info @ shure.or.jp]